FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  クコの実、イシミカワ、アメリカイヌホオズキ、コマツヨイグサ

クコの実、イシミカワ、アメリカイヌホオズキ、コマツヨイグサ

 11月19日猪名川で見た植物です。
 クコ(ナス科の落葉低木)の実  

クコの実が真っ赤になっていました。液果
食べてみましたが結構苦くてあまり美味しくなかった

種を洗って取り出してみました。28個小さい種が入って居ました。

 アメリカイヌホオズキ(ナス科の1年草)  北アメリカ原産帰化植物

薄紫がかった花と白っぽい花とあります。花がほぼ一箇所から散形に出るのが特徴です。
イヌホオズキとの詳しい比較はこちら⇒


 コマツヨイグサ(アカバナ科の越年草)  北アメリカ原産帰化植物

茎が斜上して、背が高くならない。30~50cm程
葉は互生、縁には不規則な凸凹
花は夜咲きますが午前中ならまだ見られることも多いです

 イシミカワ(タデ科のツル性1年草)の実  

最近見る事がなくなったイシミカワを見つけて嬉しかった!
茎や葉柄には鋭い逆さ棘がある。エリマキトカゲのような托葉鞘がトレードマーク。
花はいたって目立たないが実になると鮮やかな青、紫なとの実をつける。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可