FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  尾瀬 >  湿原の花 2 トキソウ、キンコウカ、ネバリノギラン、ツルコケモモ、ウキヤガラ

湿原の花 2 トキソウ、キンコウカ、ネバリノギラン、ツルコケモモ、ウキヤガラ

 湿原の花その2です。
今回の旅行で、6月26日 青森県八甲田田代平湿原(標高570mほど)で見た植物です。

大場谷地湿原のあとこちらにまわり、雨は少し小止みになりましたが、合羽を着ての観察でした。
写真は夫です。

 トキソウ(ラン科の多年草)  

北海道本州の湿地に成育。高さ10~30cm程、
葉の形は披針形または線状長楕円形で長さ4-10 cm、幅7-12 mmになり、普通1茎に1枚のみつけるとネットには書いてありましたがそういう風には見えないです。
頂きに1花をつける。花の下に葉状の苞がある。



 キンコウカ(キンコウカ科の多年草)  

北海道、本州の中部以北に分布し、亜高山から高山にかけての湿原、湿地に生育。
高さは20-40cm程。葉は根生し、アヤメのような剣状線形。
花茎の上に花被片6枚の星型の黄色い花を総状につけ、下方から開花していく。
花被片は6個、雄しべ6本、花糸には黄色の毛が密生する。


 ネバリノギラン(キンコウカ科の多年草)  

日本の特産種 九州・四国・本州中部以北のブナ帯から亜高山帯に生育する。
高さは20~40cmくらい。長さ10~20cmの根生葉をつける。
花序の軸に腺毛があり、粘つくのとノギランに似ている事からネバリノギランです。
花は平開しないのでこれでも咲いてます


 ツルコケモモ(ツツジ科の常緑小低木) 

北海道、本州の中部地方以北に分布し、寒地の高層湿原に生育    高さは10~20cm程。

葉は互生、柄が無くて卵状長楕円形、枝先で1~4個の花柄を出して花を先に1個付ける。
花は下向きに先、花冠は4裂して上に反り返る。


花は咲いて無かったけれど モウセンゴケ(モウセンゴケ科の多年草)  

いわずと知れた食虫植物ですね。

こちらでもニッコウキスゲが咲いてましたが写真は省略


6月27日 湿原ではないですが高山稲荷神社の池で見つけたのは
 ウキヤガラ(カヤツリグサ科の多年草)  

北海道~九州の湿地水田跡などに生育   高さ70~150cm、

茎の断面は三角形。葉は長く、幅5~10mm。
 花序は散形、花序枝は長さ7cmに達し、先端に1~6個の小穂をつける。
苞葉は葉状、2~4個が花序よりも長い。

明日明後日と留守にしますので、更新レスコメント休みます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可