FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  TOP >  奈良監獄見学

奈良監獄見学

 11月25日は、電鉄主催のウォーキングに参加。距離は10km程で、山ではなく街歩きというので、行けるかなと、夫についていきました。フリーウォーキングなので駅で、地図をもらって勝手に歩くだけで、途中で止める事も簡単です。少しずつ自分の体力と相談しながら試してみないとね。
 夫は、決められたルートではなく独自ルートを考えて、23~25日の3日間だけ公開している奈良監獄を見学してから、正規ルートに合流する計画をたてました。奈良監獄は1908年に建てられた赤レンガ造りの立派な建物で、2017年には重要文化財に指定され、2017年3月31日廃庁になるまで、奈良少年刑務所として実際に使われていたそうです。
 2021年にはホテルとして生まれ変わる計画です。たぶん外観だけは残して内部は変わってしまうのだとは思います。内部が見られるのは今だけとの事で、興味深く見学しました。

正面門


庁舎正面


各房のある建物

中央から放射状に広がっています

中央監視所?から

放射状に房舎があり、中央から各房舎が見渡せる。

通路

2階建てになっており一階と二階の境の床は中央がなく1階から2階、2階から1階が見える。両側に房がある。

房の扉


独房

独房ではトイレがむき出し 2畳くらいの広さかな

雑居房

雑居房ではトイレは囲われている。

隔離病舎


牢舎 ギス舎

奈良奉行所から移築されたもので木造
虫かごのような作りらギス舎と呼ばれた

出口からの風景


外塀

コーナーは丸くなっている。
刑務所の塀は、脱獄を防ぐため角がない造りになっていると以前聞いたことがある。確かにここも角は丸かった。

自然とは関係ない記事でしたが、たまには良いかな
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可