FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  TOP >  シャシャンボ、ツルウメモドキ、センダン、ヤブツバキ、苔

シャシャンボ、ツルウメモドキ、センダン、ヤブツバキ、苔

 12月5日、マイフィールドで見た植物(花と実)です。
 シャシャンボ(ツツジ科の常緑木)  

葉は互生、縁には鋸歯あり。
前年枝の葉腋から総状花序を出して白い花をつけるので、実も長い果序に多数ついている。実の下にはが付いているのも特徴ですが、苞は落ちてしまっている事もあります。


黒熟して球形、尻には梅の花型のがくの痕があります。(写真左)
可食 甘くて美味しいです。中には細かい種が多数入っていますが(写真右)、種は気にならないほど小さくて皮ごと全部食べられます。

 ツルウメモドキ(ニシキギ科の落葉ツル性木)  雌雄異株

道路からマイフィールドを見ていたら、ツルウメモドキの実を見つけました。いや~こんな所にあったかと嬉しくなりました。
葉は互生、広倒卵形で基部はやや楔形、先はとがります。縁には鋸歯あり。ツルはZ巻き(写真中央)


果実は黄褐色の朔果で、3つに割れて赤い仮種皮に包まれた種が3個丸く現れる。

 センダン(センダン科の落葉木)  

葉が落ちてセンダンの黄色い実が目立ってきました。


核果で、ラグビーボール型の黄色い実です。
中には断面が星型になる核(写真右)があり、核の中には種が5個入っています。

 ヤブツバキ  


 モチツツジの返り花  


 苔 苔の事は分かりませんんで御存知の方は教えてください!



関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可