FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  昆虫 >  猪名川にて:シオカラトンボ交尾、ハラナガツチバチ、ツユムシ、コゴメバオトギリ

猪名川にて:シオカラトンボ交尾、ハラナガツチバチ、ツユムシ、コゴメバオトギリ

 6月22日は、久しぶりの猪名川野鳥観察でした。夏場はカモ類も見られず、野鳥はちょっと寂しい観察となってしまいました。写真もほとんど撮らなかったので名前だけの紹介です。

見られた野鳥:アオサギ、ダイサギ、コサギ、カワウ、カイツブリ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、セグロセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ツバメ、イワツバメ、オオヨシキリ声、ヒバリ?以上16種でした。
 そこで今日の記事は、この日見た昆虫と植物からです。

 シオカラトンボ(トンボ科)交尾  

シオカラトンボ交尾
よくこの窮屈な格好のまま飛べるなといつも感心します。
雄(左)は、精子をあらかじめ腹端から腹の第一節下側にある副性器に移してあり、雌(右)は腹端を雄の副性器につけます。♂は腹端の付属器で♀の頭部の前の部分をつかみます。


 ハラナガツチバチの仲間(ツチバチ科)  大きさ♂19-25 ♀23-33mm

ハラナガツチバチ♀
 大きさは大やや大きくて触覚が短い

ハラナガツチバチ♀


ハラナガツチバチ♀

成虫は花粉などを食べ、親がコガネムシの幼虫などを狩り、幼虫はそれを食べる


ここより下は♂です

ハラナガツチバチ♂

 大きさやや小さくて 触覚が長い

ハラナガツチバチ♂



 ツユムシ(キリギリス科)  大きさ:翅の先まで29-37mm

ツユムシ
長い触覚、後脚が長いですね!草を食べます。ヒルガオの花の中にいました。


植物から
 コゴメバオトギリ(オトギリソウ科) ヨーロッパ原産帰化植物 が見られました。

コゴメバオトギリ

葉は対生、全縁、柄はない。

葉がセイヨウオトギリソウよりもやや小さくて楕円状披針形長さ1~1.5cmほど幅0.3㎝

コゴメバオトギリ

花弁の縁雄しべにも黒点がありますね


コゴメバオトギリ葉

葉には明点が散在縁には黒点がある。


関連記事
スポンサーサイト



Re: No Subject * by yasuko
トミさんコゴメガオトギリは葉の形が違うのでなんとなくわかりますね。とにかくオトギリソウ科は黒点鳴点のチェックが欠かせないですね!

No Subject * by トミさん
ハラナナガツチバチの雌雄、こうして写真で比べて見て説明があると分かります。大きさと触覚ですね。
コゴメオトギリは見たことがないように思います。葉に黒点や明点がそして花弁に黒点があるのですね。

Re: No Subject * by yasuko
isaesiさん、ギンヤンマの交尾は何度か見たことありますがしわが入っているというのは気が付かなかったですね。

No Subject * by isaesi
 ツユムシ最近見なくなりました。
以前は昆虫の声がよく聞こえたのですが
最近は歳のせいか、聞こえない声もあります。
 トンボは交尾の時♂の尻先で♀の頭を挟み
ますが、ギンヤンマの尾の力は凄くて、♀の
頭に凄いしわが入ってしまうほどの力です。

Re: No Subject * by yasuko
sakakuさんキンケハラナガツチバチは秋になると目立つようになりますね。

Re: No Subject * by yasuko
しろうさんシオカラトンボはもっとも普通種ですからそれほど嬉しくはないですが交尾となればやはりうれしいですね。

Re: おはようございます! * by yasuko
く~ちゃんさん、川ではこもる以外なくなると鳥の種類が減ってy戸っと寂しいですね。
コゴメバオトギリはそちらにもあるのですね!帰化植物だからあってもうれしくはないですが記録としてどんな帰化植物があるのか残したいと思っています。

No Subject * by sakaku
シオカラトンボの交尾は撮ってあります。
我が家の庭にはキンケハラナガツチバチの仲間が時々やってきますが、キリギリスやツユムシの仲間たちも時々見られます。

No Subject * by しろう
シオカラトンボに、出会えてよかったですね。拍手!

おはようございます! * by く~ちゃん
鳥さんの状況は御地とほぼ同じですね。
6月下旬でココメバオトギリの花が健在だったんですね。当地はもう少し早く散ったようです。

Re: こんばんは * by yasuko
Rockyさんそうですね。なのでそこまでは分かりやすいですが、ハラナガツチバチにも何種類かあるようでそこのところは難しいので仲間としておきました。

こんばんは * by RockyBird
こんばんは。
ハラナガツチバチの仲間は名前の通り見るからに腹が長いですね。
拍手!

Re: No Subject * by yasuko
kenskzさん、名前調べはいつも悩みますね。〇〇の仲間ぐらいで妥協するか、不明でご意見お願いを良く使ってしまいます。

No Subject * by kenskz
アブやハチが色々見られる季節ですね。
名前調べに時間がかかり、難航中です。

コメント






管理者にだけ表示を許可

Re: No Subject

トミさんコゴメガオトギリは葉の形が違うのでなんとなくわかりますね。とにかくオトギリソウ科は黒点鳴点のチェックが欠かせないですね!
2020-07-04 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

ハラナナガツチバチの雌雄、こうして写真で比べて見て説明があると分かります。大きさと触覚ですね。
コゴメオトギリは見たことがないように思います。葉に黒点や明点がそして花弁に黒点があるのですね。
2020-07-04 * トミさん [ 編集 ]

Re: No Subject

isaesiさん、ギンヤンマの交尾は何度か見たことありますがしわが入っているというのは気が付かなかったですね。
2020-07-04 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

 ツユムシ最近見なくなりました。
以前は昆虫の声がよく聞こえたのですが
最近は歳のせいか、聞こえない声もあります。
 トンボは交尾の時♂の尻先で♀の頭を挟み
ますが、ギンヤンマの尾の力は凄くて、♀の
頭に凄いしわが入ってしまうほどの力です。
2020-07-04 * isaesi [ 編集 ]

Re: No Subject

sakakuさんキンケハラナガツチバチは秋になると目立つようになりますね。
2020-07-04 * yasuko [ 編集 ]

Re: No Subject

しろうさんシオカラトンボはもっとも普通種ですからそれほど嬉しくはないですが交尾となればやはりうれしいですね。
2020-07-04 * yasuko [ 編集 ]

Re: おはようございます!

く~ちゃんさん、川ではこもる以外なくなると鳥の種類が減ってy戸っと寂しいですね。
コゴメバオトギリはそちらにもあるのですね!帰化植物だからあってもうれしくはないですが記録としてどんな帰化植物があるのか残したいと思っています。
2020-07-04 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

シオカラトンボの交尾は撮ってあります。
我が家の庭にはキンケハラナガツチバチの仲間が時々やってきますが、キリギリスやツユムシの仲間たちも時々見られます。
2020-07-04 * sakaku [ 編集 ]

No Subject

シオカラトンボに、出会えてよかったですね。拍手!
2020-07-04 * しろう [ 編集 ]

おはようございます!

鳥さんの状況は御地とほぼ同じですね。
6月下旬でココメバオトギリの花が健在だったんですね。当地はもう少し早く散ったようです。
2020-07-04 * く~ちゃん [ 編集 ]

Re: こんばんは

Rockyさんそうですね。なのでそこまでは分かりやすいですが、ハラナガツチバチにも何種類かあるようでそこのところは難しいので仲間としておきました。
2020-07-03 * yasuko [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
ハラナガツチバチの仲間は名前の通り見るからに腹が長いですね。
拍手!
2020-07-03 * RockyBird [ 編集 ]

Re: No Subject

kenskzさん、名前調べはいつも悩みますね。〇〇の仲間ぐらいで妥協するか、不明でご意見お願いを良く使ってしまいます。
2020-07-03 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

アブやハチが色々見られる季節ですね。
名前調べに時間がかかり、難航中です。
2020-07-03 * kenskz [ 編集 ]