FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  虫こぶ >  ケヤキハフクロフシ、アキニレハフクロフシ、エノキハトガリタマフシのその後

ケヤキハフクロフシ、アキニレハフクロフシ、エノキハトガリタマフシのその後

 自宅周辺と箕面で見つけた虫こぶです。以前も書きましたが虫こぶとは、虫が植物体に産卵することによって、物理的あるいは化学的な刺激により、植物の組織が異常に増殖してできる色々な形の膨らみの総称で、卵からかえって幼虫がその中で食と住を得ることができるものです。虫こぶができることで植物は多少影響はあるのかもしれませんが、それによって植物が枯れるというようなことはありません。虫こぶの名前は複雑なようで簡単で、植物名+産卵場所+特徴+フシ という決まりがあります。(例外もあります)

 5月18日  箕面にて見つけた虫こぶ

 ケヤキハフクロフシ  

ケヤキハフクロフシ

ケヤキの葉の表にできる虫こぶです。形成者は「ケヤキヒトスジワタムシ」というアブラムシの仲間
虫こぶの中で増えた虫は、全て翅があり、脱出してタケやササに移動する。10月ごろに再びケヤキに帰ってきて、有性世代を産み、卵で越冬するらしい。春に孵化し、葉の裏側から吸汁してこのような虫えいを作る


 断面

ケヤキハフクロフシ断面

中は一室多数のアブラムシがいます。写ってるのわかりますか?


 5月15日  近くの川
 アキニレハフクロフシ  

アキニレハフクロフシ

アキニレの葉の表にできる虫こぶ
形成者はアキニレヨスジワタムシというアブラムシ


 断面

アキニレハフクロフシ断面

 中は一室多数のアブラムシがいる。黒いですね


 5月25日  近くの川
 エノキトガリタマフシ その後を見てきました。

5月1日の様子と記事⇒https://amimumeyasu.blog.fc2.com/blog-entry-4285.html


 5月25日には虫こぶが落ちたところを確認してきました

エノキハトガリタマフシのその後

尖った虫こぶは色が黄色から赤くなって落ちていました。虫こぶの落ちた跡が丸く残っています。

関連記事
スポンサーサイト



Re: No Subject * by yasuko
isaesiさん虫こぶは花みたいにきれいなものもあるんですよ。色々な虫こぶがあって興味をもって見ていれば結構普通に見つかります。

No Subject * by isaesi
 虫こぶは、なんかあまり好きでは
ないのですが、まだ見たことがないです。

Re: No Subject * by yasuko
トミさん、アキニレの虫こぶはそれほど大きくはないです。アキニレの葉が小さいですから、高さは5~10㎜位ですかね。
エノキハトガリタマフシは、前回の記事にも書きましたが、5月末ごろ落下して、そのまま虫こぶの中で幼虫は翌春まで過ごして蛹になるそうです。中には芋虫状の幼虫が一匹はいっていますよ。

No Subject * by トミさん
アキニレの虫こぶは見たことがありません。アキニレがMFには無くて市民公園に行けばあるのですが。赤くて大きくなるのですね。
エノキのムシコブは落ちるのですか。中から虫が脱出した抜け殻が葉に残るのではないのですね。

Re: No Subject * by yasuko
しろうさん虫こぶ観察で破断面で中の様子小観察するのも大切なんです。家に帰ってカッターで切ってますよ。

Re: おはようございます! * by yasuko
く~ちゃんさん、一応記事はジャンル分けして投稿しているので虫こぶカテゴリーもあるんですよ。

No Subject * by しろう
断面の写真がすばらしい。カッターナイフで切っているのかな。拍手!

おはようございます! * by く~ちゃん
虫こぶ特集ですね(^^♪当方撮りためたまま放置してます(-"-)

Re: No Subject * by yasuko
monnamiさん特徴というのは、形や特徴です。すみません。もっぱら形で名前がついていると思います。と言っても丸とか玉とかそういうのが多いんですけどね。
例外にはエゴノネコアシやヌルデミミフシ(五倍子)があります。こういう決まり以前についた名前なんだと思いますが、広く知られた虫こぶの名前です。

Re: こんばんは * by yasuko
Rockyさんそうですね。エノキの方はメリットは全くないです。利益を終え散るのは虫こぶ形成者の虫です。植物体と虫こぶの関係ではだいたいそうなってますね。

No Subject * by monnami
>植物名+産卵場所+特徴+フシ という決まりがあります。

全く知りませんでした。
勉強になりました。

こんばんは * by RockyBird
こんばんは。
ケヤキハフクロフシも沢山見えますが、エノキトガリタマフシはそれ以上に沢山見えますね。
こんなに沢山のエノキトガリタマフシが付いても、エノキには何のメリットもないのですね。
拍手!

コメント






管理者にだけ表示を許可

Re: No Subject

isaesiさん虫こぶは花みたいにきれいなものもあるんですよ。色々な虫こぶがあって興味をもって見ていれば結構普通に見つかります。
2020-06-03 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

 虫こぶは、なんかあまり好きでは
ないのですが、まだ見たことがないです。
2020-06-03 * isaesi [ 編集 ]

Re: No Subject

トミさん、アキニレの虫こぶはそれほど大きくはないです。アキニレの葉が小さいですから、高さは5~10㎜位ですかね。
エノキハトガリタマフシは、前回の記事にも書きましたが、5月末ごろ落下して、そのまま虫こぶの中で幼虫は翌春まで過ごして蛹になるそうです。中には芋虫状の幼虫が一匹はいっていますよ。
2020-06-02 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

アキニレの虫こぶは見たことがありません。アキニレがMFには無くて市民公園に行けばあるのですが。赤くて大きくなるのですね。
エノキのムシコブは落ちるのですか。中から虫が脱出した抜け殻が葉に残るのではないのですね。
2020-06-02 * トミさん [ 編集 ]

Re: No Subject

しろうさん虫こぶ観察で破断面で中の様子小観察するのも大切なんです。家に帰ってカッターで切ってますよ。
2020-06-02 * yasuko [ 編集 ]

Re: おはようございます!

く~ちゃんさん、一応記事はジャンル分けして投稿しているので虫こぶカテゴリーもあるんですよ。
2020-06-02 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

断面の写真がすばらしい。カッターナイフで切っているのかな。拍手!
2020-06-02 * しろう [ 編集 ]

おはようございます!

虫こぶ特集ですね(^^♪当方撮りためたまま放置してます(-"-)
2020-06-02 * く~ちゃん [ 編集 ]

Re: No Subject

monnamiさん特徴というのは、形や特徴です。すみません。もっぱら形で名前がついていると思います。と言っても丸とか玉とかそういうのが多いんですけどね。
例外にはエゴノネコアシやヌルデミミフシ(五倍子)があります。こういう決まり以前についた名前なんだと思いますが、広く知られた虫こぶの名前です。
2020-06-01 * yasuko [ 編集 ]

Re: こんばんは

Rockyさんそうですね。エノキの方はメリットは全くないです。利益を終え散るのは虫こぶ形成者の虫です。植物体と虫こぶの関係ではだいたいそうなってますね。
2020-06-01 * yasuko [ 編集 ]

No Subject

>植物名+産卵場所+特徴+フシ という決まりがあります。

全く知りませんでした。
勉強になりました。
2020-06-01 * monnami [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
ケヤキハフクロフシも沢山見えますが、エノキトガリタマフシはそれ以上に沢山見えますね。
こんなに沢山のエノキトガリタマフシが付いても、エノキには何のメリットもないのですね。
拍手!
2020-06-01 * RockyBird [ 編集 ]