FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  冬芽葉痕木肌ロゼット >  ネジキ、ザイフリボク、コクサギ

ネジキ、ザイフリボク、コクサギ

 ネジキ、ザイフリボク、コクサギ この3種を三大美芽というんだとか。今回撮った物はそれほど美しいとは思わないですけど、条件よければもっと美しくなると思います。マイフィールドにはネジキとザイフリボクがあり、五月山にはコクサギがあるので、この三種を1月21~22日に撮ってきました。
 ネジキ(ツツジ科の落葉木)  

葉は互生ですので芽も互生。頂は仮頂芽です。
芽鱗は赤くて2枚、葉痕は半月形、維管束痕は1個
枝や、冬芽にが生えてますね!後には落ちてしまいます。


一年枝は赤くて綺麗です
樹皮

立てにひび割れがあり、筋をたどると後ろに回っていき
木がねじれて見えることから「捻木


花は下向きですが、実は上向き 裂果です


 ザイフリボク(バラ科の落葉木)  ブレブレですみません↓

葉は互生、頂は仮頂芽です。
冬芽は細長くて芽鱗は、紅く艶があり、芽鱗の縁には白い毛が生えています。
一年枝は、艶があり、灰白色の皮目が目立ちます。
葉痕は三日月形、維管束痕は3個
樹皮

縦筋が美しく滑らかです。私は冬芽よりもこの樹皮にほれ込んでおります。

球形、黒熟し直径1cm程 がくの痕が先に残ります。

 コクサギ(ミカン科の落葉木)  

葉痕は半月形、維管束痕は1個
冬芽は濃紅紫色~緑色まで多少変化があります。芽鱗の縁が灰白色に縁どられて模様が綺麗です。芽鱗は4列に並び12~18枚


コクサギはコクサギ型葉序と行って右右左左という順で葉が出るので、
冬芽も右右左左と出ます。今回、良く分かる写真は撮れなかったので過去記事からです。


4分果ぱちんとはじけて種が飛びます
もう飛び出した後のようです。

樹形

かなりだらしないです。



幹は細くて株立ち            頂は仮頂芽です。


谷筋などの水際に生えるので、根の窒息を防ぐためでしょうか、細い枝には気根が発達することもあります。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可