FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  哺乳類爬虫類両生類魚類 >  ヒゲナガガ、マツモムシ、コオイムシ、アオダイショウ、アカハライモリ等

ヒゲナガガ、マツモムシ、コオイムシ、アオダイショウ、アカハライモリ等

 4月29日、溜池の観察会にて見たトンボ以外の昆虫と爬虫類両生類等です。
 クロバネシロヒゲナガ?(ヒゲナガガ科)  

網で捕まえたのを苦労して撮影ちょっと分かりにくいです。ややピンボケなのでちゃんと同定できないのですが、これが似ているかな?
ヒゲナガガは雄の触覚がなが~い小さい蛾の仲間です。

 ハナムグリ(コガネムシ科ハナムグリ亜科)  大きさ:14-20mm

オオデマリの周りを飛び回っていた。

 アトボシアオゴミムシ(オサムシ科)  大:14-14.5mm

夜間に地上を歩きまわって他の昆虫などを食べるそうです。
キボシアオゴミムシにそっくりとの事なのでそちらかもしれません。


 アゲハチョウ  



 マツモムシ(マツモムシ科)  大きさ:11.5-14mm

いつもは、お腹を上にして背泳してるんですが、バットに入れたら背中側を見せてくれました。水面に落ちてくる虫などを食べます。


飛んだ!


 コオイムシ    

♂が背中に卵を背負って子育てします。

 アカハライモリドジョウ  


 アカハライモリのお腹

お腹の赤は警告色 フグ毒と同じテトロドトキシンを分泌、触ったあとは必ず手を良く洗ってね

 ヌマガエル 大きさ3-5cm

ツチガエルに似ているがお腹が白い事で見分けられるとの事


大きな アオダイショウ が見つかりました。1.5mくらい

目が黒いの見分けのポイントとの事。

この他メダカやアメリカザリガニなとも見つかりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可