FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  クスダマツメクサ、ナヨクサフジ

クスダマツメクサ、ナヨクサフジ

 順番が逆ですが、4月28日は、夫と電鉄主催のウォーキングへ行きました。丁度ツツジ祭があるので、そこに蝶でも来るかもと下心で参加したんですが、今年は花期が非常に早くて、残念ながらツツジも終盤で、きれいに咲いているところを撮るの苦労しました。

浅香山ツツジ祭



そこで初めての植物に遭遇!と言っても帰化植物ですが、古い図鑑で見知っているので結構歴史のある帰化植物と思われるのに、今まで出合った事がなかったんです。
 クスダマツメクサ(マメ科の1年草) 西アジア~北アフリカ原産の帰化植物

自宅周辺には、コメツブツメクサが多いですが、これとは違う感じがぱっと見てしました。集合花が縦長で大きいなと感じました。

花柄のながさはそれ程長くないです。受粉が終わった花は下向きに垂れます。旗弁に筋模様が入っているのが目立ちますね。

結構大きな托葉がありますね!

参考までに自宅周辺で良く見る コメツブツメクサ  



托葉はクスダマツメクサに比べると小さいですね


毎年とっているけど
 ナヨクサフジ(マメ科の1年草) ヨーロッパ原産帰化植物

大和川流域は、ゴールデンウイークの頃ナヨクサフジの紫の絨毯で覆われます。

花柄の付く位置ががくの下側にあって花が下向きに咲くのですごく撮りにくいです。翼弁の先が白い。がくも紫色。

本日は2つ記事をアップしています。m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可