FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  昆虫 >  コマルハナバチ、トホシカメムシ、ヤマトシリアゲ、スジグロシロチョウ等

コマルハナバチ、トホシカメムシ、ヤマトシリアゲ、スジグロシロチョウ等

 5月6日箕面にて見た昆虫その2です。5月6日箕面はこれで終わりです。
タニウツギの花で
 コマルハナバチ(マルハナバチ亜科)  

脚に花粉団子を一杯つけています

働き蜂です


 トラマルハナバチ(マルハナバチ亜科)  



ウツギの葉に
 トホシカメムシ(カメムシ科) 大きさ:16-23mm

前胸部に4つ小楯板に6つの小黒紋があるので10個の黒点があることから「十星かめ虫」
ニレ類、カエデ類、サクラ類、ミズキなどの樹上に生息している

大型のカメムシです


 ヤマトシリアゲ(シリアゲムシ科)  

は、腹端がサソリの尾のように上に曲がっている
死んだ昆虫の体液を吸う


ウラジロウツギの花で吸蜜
 アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)  幼虫食草:クスノキ

ちょっと遠かったのでぶれてます


 フタホシシロエダシャク(エダシャク亜科) 開長:23-23mm 幼虫食草:バラ科サクラ等

白くてなかなかかわいい蛾でした。


ゴマギの花で
 スズメバチハナムグリ  



 スジグロシロチョウ(シロチョウ科) 幼虫食草:アブラナ科イヌガラシ等

状線が太いのは♀だそうです。

マメヅタにとまっていました
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可