FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  玄武洞にてホタルブクロ、イワガラミ、キイロスズメバチの巣、カラスアゲハ

玄武洞にてホタルブクロ、イワガラミ、キイロスズメバチの巣、カラスアゲハ

 6月2~3日宿泊研修での観察記録その3です。2日の玄武洞付近で見た花と虫です。
 ホタルブクロ(キキョウ科の多年草)  

葉は互生 茎の上部に枝を分けて花をつける 色は白や紫があります。



花は筒状で下向きに咲き、先は5裂、雄しべは5本

下部の葉には葉柄に翼があって茎には毛が多いですね!

ホタルブクロヤマホタルブクロの見分け方

ホタルブクロでは      ヤマホタルブクロでは
  矢印の部分反り返る     矢印の部分ふくらみがある



 イワガラミ(アジサイ科の落葉ツル性木)  




周辺の装飾花のがく片が一枚が特徴(ツルアジサイでは4~5枚)

 青龍洞  

見事な柱状節理です。
節理というのは溶岩が冷えて固まるときに縮むことによって自然にできる岩の割れ目です。
玄武岩では、見事な六角柱状の節理ができます。
また鉄分を含んでいて、磁石を大きな岩に近づけると引き寄せられます。
ちなみに、安山岩は板状節理花崗岩は方丈節理です。

 キイロスズメバチの巣 

青龍洞の岩の高いところにキイロスズメバチの巣がありました。
スズメバチの巣種によって作る環境が決まっています。
オオスズメバチは、土の中に
コガタスズメバチは割合閉鎖的な開放空間(藪の中など)に
キイロスズメバチ崖の途中のような完全開放空間に作りますよ!

 カラスアゲハ(アゲハチョウ科)  

前翅の暗斑から♂です。

綺麗ですね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可