FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  昆虫 >  ウスバアゲハ、ジョウカイボン、ヨツメトビケラ、キアシドクガ、キンモンガ、ヒオドシチョウ

ウスバアゲハ、ジョウカイボン、ヨツメトビケラ、キアシドクガ、キンモンガ、ヒオドシチョウ

 6月2~3日、宿泊研修の観察記録その66月3日但馬森林植物園にて見た昆虫です。
 ウスバアゲ(アゲハチョウ科) 別名:ウスバシロチョウ  
幼虫食草:ムラサキケマン、ジロボウエンゴサクなど

ウツギの花で吸蜜



鱗粉が取れた半透明になる翅を持つ  北方系の蝶


 ジョウカイボン(ジョウカイボン科)  

成虫、幼虫とも他の昆虫を捕らえて食べる
やややわらかい感じの前翅を持つ甲虫の仲間
 
 ヨツメトビケラ(フトヒゲトビケラ科)  

は、地にまたは黄褐色の班紋がある。
4枚の羽に一つづつあるので四つ目
♀の翅は真っ黒です。

前にも取り上げましたがその時は白い斑紋でしたが、今回は黄褐色ですね。
山地の渓流付近で見られ、日中、盛んに飛び回る。幼虫は、渓流の中に、砂粒で筒状の巣を作る。


 キンモンガ(アガハモドキガ科)  幼虫食草:リョウブ

昼間活動する美しい蛾

サワフタギの花で吸蜜

 キアシドクガ(ドクガ科)  

前脚が黄色い ドクガという名がついていても毒はないとの事

横に写っているのは、 今羽化したばかりの様

ここでもキアシドクガの乱舞が見られました。
ミズキの木は丸坊主になっていました。


 ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)  

樹液に来ていたところを捕獲、撮影後はもちろん逃がしました。
年1化 今年生まれの新成虫

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可