FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  きのこ >  池田自然観察会下見と本番からキノコ色々

池田自然観察会下見と本番からキノコ色々

 6月9日、池田自然観察会下見と、17日 本番で見られたキノコからです。名前は、自信のあるものも自信のない物もありますので、あまり当てにしないで、色や形を楽しんでくださいね。
 時期によってはものすごく沢山大きなキノコが出る事があるのですが、そう多くはなくてやっぱり、枯れた材の上に生える木材腐朽菌が多かったです。
苔の上に
 シロソウメンタケ 


 ヒナノヒガサorヒメコガサ  小さすぎて判定できず


枯れた材の上に
 ヒイロタケ  


 キクラゲ  


 ウチワタケ  


 シハイタケの仲間  


 ミダレアミタケ?  


 アラゲニクハリタケ?  


 マツオウジ  


 スエヒロタケ  


 マンネンタケ幼菌  


地上から
 アイタケ  


 ドクベニタケ  

鮮やかな紅色のキノコ


 チチタケ  



傷つくと白い乳液が出るのが特徴(写真右)

腐葉土から
 ヒトヨタケの仲間  


 ベニヒダタケ  

名前は紅だけど、鮮やかな黄色のキノコ 
枯れ木やおがくず上から発生との事


 昆虫から

まだキノコになってなかったので、なんともいえないですが明らかに菌に犯されていました。

まだまだ沢山見られたのですが、全く名前の検討もつかないのは省略しました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可