FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  冬芽葉痕木肌ロゼット >  アカシデ、ニワトコ、ウグイスカグラ、クロモジ、キブシ

アカシデ、ニワトコ、ウグイスカグラ、クロモジ、キブシ

 2月4日、箕面にて見た冬芽その2です。
ケヤキみたいな枯葉が引っかかっていて、これなんだろうと思って見た冬芽です。
 アカシデ?(カバノキ科の落葉木)  イヌシデの花芽かも?

見た事ない冬芽だったので図鑑で調べました。
互生で、冬芽の形は上から見ると四角くて芽鱗が規則正しく4列に並んでいます。芽鱗は1列に7枚ほど。
葉痕は半円形、維管束痕葉横長で一つある様に見えましたが、図鑑によると微小で不明瞭との事です。
アカシデなら1年枝は毛がないとの事でこれは毛があるように見えるのでイヌシデの花芽なのかも?


樹皮
灰白色で、滑らか























以下芽吹き始めた
 ニワトコ(レンプクソウ科の落葉低木)  

対生 花芽です、枝先は枯れます。仮頂芽

小さいのは葉目大きいのは花芽で 葉痕は半円形 維管束痕は3~5
             (混芽)

 ウグイスカグラ(スイカズラ科の落葉低木)  




側芽 対生                頂芽
葉柄の基部が残り両方がつながっている


ニワトコ、ウグイスカグラ、キブシの花https://blogs.yahoo.co.jp/tsuchia_y/66812651.html

まだ芽は硬い
 クロモジ(クスノキ科の落葉木)  

頂芽 花芽と葉芽(中央の細長いもの)
葉痕は半円形 維管束痕は1個

参考までクロモジの花  2018年4月撮影

 


 キブシ(キブシ科の落葉木)  

花芽といって良いのかどうか?

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可