FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  ヒメオトギリ

ヒメオトギリ

 6月12日、マイフィールドを散策した時に、今まで見た事がない植物を発見!こういう時は、たいてい帰化植物だったりするので、とりあえず写真を撮って調べてみた。形から、オトギリソウ科と見当をつけて、オトギリソウ科の帰化植物をあたってみたが、該当がなく、在来種を調べたら、ヒメオトギリが当てはまった。今までもひょっとしたらあったけれど気がつかなかっただけなのかもしれないけれど、20年以上観察していて、新しい物を発見するってなかなかない事で嬉しくなった。写真は 13日、25日 に撮ったものです。
 ヒメオトギリ(オトギリソウ科の越年草)  

九州~近畿以西の野原や山麓の湿地に生える←マイフィールドのまさにそういう一角に生えていました!
草丈は30cm程、茎の上方に集散花序をだし、黄色い直径5mm強の花をつける。花序の葉は、小さく線形~披針形








は直立して、無毛で4稜がある。
葉は対生で、広卵形、先は丸く、柄がない。

 明点があり、基部は茎を抱く↑
+クリックで大きくなります


↑ガクと花弁はほぼ同長~ガクが長い。がくには明点及び明線がある。
+クリックで大きくなります

小さい花だったのでルーペを使って撮影してみました↓


花弁は長さ約3mm内外、雄しべは10~20本との事ですが、私が見た物は大体13~14本でした。雌しべの柱頭は3裂

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可