FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  気になるニュース >  どうなる先が見えない。

どうなる先が見えない。

 3月27日の午後3時半ごろ、福島第一原発の非管理区域(通常放射線蛾でる事はなく管理しなくてもいい区域)のトレンチ(色々な配管を入れた穴)に大量の水がたまっていて、2号機では1000mSv/h以上の高濃度の放射線との事、タービンたてはの溜まった大量の水とともにまたまた難題です。これを除去しない限り、原子炉安定化のための通常電源による冷却は不可能です。このニュースが入って来たのは28日の午後随分タイムラグがありますね。ますます心配になります。
 また28日原発の敷地から、プルトニウムが検出されたこともニュースになっていました。。プルトニウムは、半減期が長く、長期に渡って放射線を出し続け、強い発がん性があるとの事で大変気になるところです。
 良いところでは、29日4号機の中央制御室で照明が点灯したとの事。暗い過酷な環境の中、わず非常食だけで必死の努力で、見えない放射線と戦いながら、困難な作業を進める皆さん、頑張って下さい何か良い打開策ないんでしょうか・・
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可