FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  昆虫 >  チョウトンボ

チョウトンボ

 ちょっと北海道から離れて、マイフィールドの観察です。マイフィールドの草原では、毎年チョウトンボが見られます。そう珍しくはないけれどやっぱりその美しさはは魅力ですから、毎年撮りたくなります。6月末から7月がシーズンなんですが、今年は旅行へ行ったり、天候不順だったりで、まだ撮っていなかったので、7月10日、探しに行ったのですが、いつもの草原には見当たらなかったので、その発生源の溜池のほうに行ってみました。マイフィールドのチョウトンボは、その数100m北側にある溜池からやってくるのです。
溜池に行くとチョウトンボが群れて飛んでいました。なかなかとまってくれず、しかも溜池の周りはフェンスで囲まれ草丈の高い葦で見えるポイントが少ししかなく、なかなか写真は撮れません。空を群れ飛ぶ姿と水面を飛ぶ姿です。
 7月10日溜池にて







右の上がチョウトンボで下がその影です↑+クリックで大きく成ります

3頭写って、右上がチョウトンボとその影が右下
他は翅が透明なので、オオシオカラ、コシアキトンボ、シオカラトンボショウジョウトンボ等でしょう

その後、7月15日マイフィールドでも確認できたので今朝撮りに行ってきました。
 7月17日マイフィールドの草原



先端は透明で、翅が実際よりも短く見え、またひらひらと蝶のようにまうように飛ぶことから「チョウトンボ」です。

チョウトンボの飛翔


翅は黒く表面は光りを受けてメタリックブルーに輝きます

2頭しか居なかったですが何とか撮れました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可