FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  イソツツジ、ヒメシャクナゲ、ツマトリソウ、ミツバオウレン、チングルマ等

イソツツジ、ヒメシャクナゲ、ツマトリソウ、ミツバオウレン、チングルマ等

 6月28日~7月5日北海道旅行(道南道央方面)へ行ってきました。
 6月29日は、上川町滝上町にまたがる浮島湿原へ行きました。標高860m、面積約22ha、東西約650m、南北約450m、大小70余りもの沼が点在しています。


 今日は湿原で見られた植物です。花のシーズンではなかった様で、種類は少なかったです。
 シソツツジ(ツツジ科の常緑低木)  

葉はシャクナゲみたいな感じですがもう少し小さいです。長さは7cm位

花冠は5裂して平開、雄しべは10本
なにやら甲虫が来ていました。分かる方あったらお願いします。


 ヒメシャクナゲツ(ツジ科の常緑小低木)  

高さは10~15cm程
高層湿原ではおなじみの花です
頂きに長い柄のあるつぼ型の花を下向きにつけます。

 ツマトリソウ(ヤブコウジ科の多年草)   旧サクラソウ科

名の由来は花弁の先がしばしばピンク色に成ることから「褄取草」

花弁は7枚(6枚の時もあり)、雄しべも7本

 ミツバオウレン(キンポウゲ科の多年草)  

葉が三出複葉で艶がありミツバみたいなことから「三葉黄蓮」です。

キンポウゲ科ですから、白い花弁状のものはがくで普通5枚
黄色いスプーン状のものが花弁


 チングルマ(バラ科の常緑小低木)  

ちょっとシーズンが終わりかけていて咲いていた花はほんの少し
葉は艶があって奇数羽状複葉縁には鋸歯

もう綿毛になっているものが多かった。
チングルマの名はこの綿毛に由来する

 ナナカマド(バラ科の落葉木)  

樹林帯もあって池のほとりに咲いていたナナカマド


花は咲いたなかったですがモウセンゴケ(モウセンゴケ科の多年草)  

 

湿原の風景

他にワタスゲなども少しありましたが、時期がずれていたのか少なかったです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可