FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  ミヤマオダマキ、エゾレイジンソウ、カラマツソウ、コンロンソウ、スカシユリ

ミヤマオダマキ、エゾレイジンソウ、カラマツソウ、コンロンソウ、スカシユリ

 6月28日~7月5日北海道旅行(道南道央方面)へ行ってきました。
 6月29日、層雲峡付近で見た植物です。
 ミヤマオダマキ(キンポウゲ科の多年草)  

礼文島では普通の雑草になみに咲いてた記憶が・・


 エゾレイジンソウ(キンポウゲ科の多年草)  

葉は長い柄があって、掌状に深く切れ込み、さらに縁は細かく切れ込む

オオレイジンソウとそっくりでどこが違うのか調べてみたら、花の舷部が巻く(エゾ)か巻かない(オオ)かで、外からは見えないとの事


 コンロンソウ(アブラナ科の多年草)  

葉は互生、奇数羽状複葉、縁は重鋸歯ですね。

茎の頂きに総状に花をつける。花はいわゆる十字形植物

 カラマツソウ(キンポウゲ科の多年草)  

葉は互生、2~4回3出複葉、小葉はさらに3裂
頂きに福散房花序を出して白い花をつけるが、その様子が唐松の葉のようであることから「唐松草」

 スカシユリ(ユリ科の多年草)  



花弁の間に隙間があるので「すかしゆり」

ここでは結構たくさん花が見られたので後2回続きます


関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可