FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  シャク、オククルマムグラ、オガラバナ、オヒョウ、マタタビ

シャク、オククルマムグラ、オガラバナ、オヒョウ、マタタビ

 6月28日~7月5日北海道旅行(道南道央方面)へ行ってきました。
 6月29日層雲峡付近で見た植物その3です。今回は北海道限定の植物はありません。

 シャク(セリ科の多年草)  

セリ科は難しいですがシャクはなんとなくわかります。全体に柔らかい感じで、葉は互生、2~3回羽状複葉で細かく切れ込んで毛が多い

茎の頂きに複散形花序をだし白い花を多数つける。
総苞片は無く小総苞片がある

花序の外側の花弁が大きい

 オククルマムグラ(アカネ科の多年草)  

葉は輪生し、普通6枚
茎は四角く下向きの棘があります。
茎の上部に集散花序をつけて白い花をつける、花冠は4裂

 オガラバナ(ムクロジ科の落葉木)  旧カエデ科 雌雄同株別花

葉は対生で掌状に5~7裂 縁には鋸歯あり、

円錐花序を上向きにつけるのが特徴。100~200個の黄緑色の花をつける


 オヒョウ(ニレ科の落葉木)  初見だと思います

葉は互生でニレ科らしく枝がジグザグしている。
葉先が浅く3~5裂して角のような感じ(ないものもある) 縁には鋸歯

オヒョウの実が地面に沢山落ちていてこれなんだろうと気がついた。
アキニレの実を5倍くらい大きくしたような果実で、形は楕円形、周りに円盤状の翼がある。
この木の樹皮は強靭で、アイヌはこれでアットゥシという布(あるいは衣料)を織ったとの事

 マタタビ(マタタビ科のツル性落葉木)  雌雄異株

丁度マタタビが見ごろだったようであちこちで白になった葉を見かけた。



何とか花も近くで撮れたが雄花ばかりだった。
花弁5枚雄しべ20本
雄株には雄蕊だけを持つ雄花、両性株には雄蕊と雌蕊を持った両性花をつける。雌花しか咲かない雌株もあるそうだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可