FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  ザゼンソウ、ミズバショウ、エゾノリュウキンカ

ザゼンソウ、ミズバショウ、エゾノリュウキンカ

 6月28日~7月5日、北海道旅行(道南道央方面)へ行ってきました。
 6月30日は、雨竜沼湿原へ行きました。雨竜沼湿減は北海道の尾瀬とも言われ北海道随一の高層湿原で、標高850mの台地に、東西4km、南北2km、面積約100haに大小100以上の池塘が点在し、夏は数多くの高山植物が咲きます。ラムサール条約登録湿地でもあります。
 今日は、湿原の風景をメインに紹介していきたいと思います。
湿原の少し手前の登山道で出会った人から、「さっき熊がいた。大きな熊の糞足跡も有る」と言われちょっとびっくり。熊に出くわしたらどうしようとビビリながら行くと、言われた通り大きな熊の糞がありました。

写真では大きさが分からないと思いますが、長いほうが30cmぐらいの大きさです。中は葉っぱや木の実の種のようなものが見えます。

いよいよ湿原に到着
 ザゼンソウ(サトイモ科の多年草) がありました。この時期にザゼンソウが咲いていると言うのがやっぱり凄いですね。

紫褐色仏炎苞に囲まれた肉穂花序があり、この姿が座禅を組む僧侶に見立てて「座禅草」です。



 ミズバショウ(サトイモ科の多年草) も一杯です。





 ミズバショウエゾノリュウキンカ

 エゾノリュウキンカ(キンポウゲ科の多年草)  別名:ヤチブキ

食用になるそうです。



登山道にはまだが残っているところがありました。
左上エゾノリュウキンカ 右下

エゾノリュウキンカの実


青空を写す池塘


点在する池塘と草原と青空





ミズバショウの道

水路に沿ってミズバショウが咲いている

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可