FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  シラネアオイ、サンカヨウ、ショウジョウバカマ、イワイチョウ、ミヤマキンポウゲ

シラネアオイ、サンカヨウ、ショウジョウバカマ、イワイチョウ、ミヤマキンポウゲ

 6月28日~7月5日北海道旅行(道南道央方面)へ行ってきました。
 6月30日は、雨竜沼湿原へ行きました。雨竜沼湿減は北海道の尾瀬とも言われ北海道随一の高層湿原で、標高850mの台地に、東西4km、南北2km、面積約100haに大小100以上の池塘が点在し、夏は数多くの高山植物が咲きます。ラムサール条約登録湿地でもあります。
 雨竜沼湿原とその登山道で見られた植物その2です。得に北海道限定の物はないですが、会えるとうれしい植物達です。
登山道
 シラネアオイ(キンポウゲ科の多年草)  日本固有種

名の由来は、日光白根山に多く、花が葵に似ていることから「白根葵」だそうです。
葉は互生で、掌状に5~7に切れ込んでさらに欠刻状に切れ込み、縁には鋸歯があります。


花は茎の頂きに1個つけて、花弁状のがくは普通4枚です。

 サンカヨウ(メギ科の多年草)  

大きな蕗のような葉が2枚あり、葉は基部が切れこんでいて小さいほうの葉の上に数個の花をつけるので、葉の真ん中から花が咲いているように見える。

花弁は6枚、雄しべ6本


湿原
 ショウジョウバカマ(シュロソウ科の多年草)   
 

浮島湿原では殆ど終わっていたショウジョウバカマが、雨竜沼では丁度見ごろでした。周りに見えているのはイワイチョウの葉です

葉は見えなかったので花だけです。


 イワイチョウ(ミツガシワ科の多年草)  

葉は根生葉で柄があり腎形で艶があります。縁には鋸歯あり。
花茎の頂きに集散状に花をつけて、花冠は5裂雄しべ5本

花には、柱頭が長い長花柱花と、柱頭が短い短花柱花があるとの事。
これはどっちかな?比較できないけど、柱頭は割りと長そうなので長花柱花のようです。まだ咲き始めでした。

 ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科の多年草)  

葉は互生、掌状に切れ込んで、さらに欠刻状に切れ込む



関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可