FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  オオバナノエンレイソウ、エンレイソウ、ニリンソウ、ヒメイチゲ、ハクサンチドリ、ノビネチドリ

オオバナノエンレイソウ、エンレイソウ、ニリンソウ、ヒメイチゲ、ハクサンチドリ、ノビネチドリ

 6月28日~7月5日北海道旅行(道南道央方面)へ行ってきました。
 6月30日は、雨竜沼湿原へ行きました。雨竜沼湿減は北海道の尾瀬とも言われ北海道随一の高層湿原で、標高850mの台地に、東西4km、南北2km、面積約100haに大小100以上の池塘が点在し、夏は数多くの高山植物が咲きます。ラムサール条約登録湿地でもあります。
 本日は登山道および湿原で見られた植物その3比較編です。
同じ仲間の植物が登山道と湿原で見られたので、これはやっぱリ一緒に並べて見たほうがわかりやすいかなと思いました。
 エンレイソウオオバナノエンレイソウ(シュロソウ科エンレンソウ属の多年草) 
エンレイソウ (登山道で)

花の下に3枚の大きな葉が輪生

花は暗紫色で、大きさは直径2cmくらいかな
ガク花弁3 雄しべ6 雌しべの柱頭は3裂

オオバナノエンレイソウ (湿原で)



花は白くて、大きさは直径が5-7cm 雄しべ6本
 兎に角大きくて美しい
全体のつくりはほぼ同じです。花の柄が長いですね!でも花の大きさに比例してるのでその点もほぼ同じかな



ニリンソウヒメイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草) 
ニリンソウ  (登山道で)

花の下の葉は柄がなく、3枚が輪生、3中裂して、さらに切れ込む
根生葉は柄があって掌状に5裂、裂片は3裂に切れ込む

花は長い柄があって、頂きに2輪出ることが多いけれど、1~3輪つく
花弁はなく萼片は長楕円形、白色で5枚。

ヒメイチゲ  (湿原で)

花の下の葉は3枚 柄があって 3出複葉 縁にはまばらな鋸歯がある

後ろに見えているのはミツバオウレンの花です
頂きに花は一輪

花弁はなく、がく片5~7枚

ノビネチドリ(ラン科テガタチドリ属)ハクサンチドリ(ラン科ハクサンチドリ属の多年草) 
ノビネチドリ (登山道にて)

葉の基部は茎を抱き縁はフリルのように波うつ
花の下の苞は緑色

ハクサンチドリ (湿原で)

葉と葉の間隔が広い 縁は波打たない
花の下の苞の色が紫がかっている

ノビネチドリ      ハクサンチドリ


関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可