FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  オオタチツボスミレ、ミヤマスミレ、キバナノコマノツメ、オオバタチツボスミレ

オオタチツボスミレ、ミヤマスミレ、キバナノコマノツメ、オオバタチツボスミレ

 6月28日~7月5日北海道旅行(道南道央方面)へ行ってきました。
 6月30日は、雨竜沼湿原へ行きました。雨竜沼湿減は北海道の尾瀬とも言われ北海道随一の高層湿原で、標高850mの台地に、東西4km、南北2km、面積約100haに大小100以上の池塘が点在し、夏は数多くの高山植物が咲きます。ラムサール条約登録湿地でもあります。
 本日は、登山道と湿原で見られた植物その4スミレ編です。
登山道と湿原あわせて5種のスミレに出会いました。名前に自信がないものもあります。ご意見いただければ幸いです。
登山道にて
 オオタチツボスミレ  
分布:北海道~九州 多雪地帯に多い

葉はタチツボスミレよりまるみが強く、明るい緑色で、基部は深い心形になり、先端はちょこんととがる。
ほとんどの花が地上茎の途中から伸びる花柄につく。

花は直径2cm前後、側弁は無毛、 距が白いのが特徴

 ミヤマスミレ  
分布:北海道・本州(東北,関東,中部,中国)・四国 、山地や低山の樹下、林縁に生育

葉は心形で普通明るい緑色 基部の心形が深い
花は普通鮮やかな紫色で細弁のものが多い



側弁は無毛で,柱頭はカマキリの頭

 キバナノコマノツメ  
分布:北海道、本州(紀伊半島以北)、四国山地、屋久島の高山 湿り気ある岩場の隙間や、草地に生育

葉は 腎形~円形。柔らかい。表面縁に毛がある

花弁は細く下弁には赤紫色の脈が数本入ります。
側弁は無毛、柱頭はカマキリの頭状距は短め黄緑色
托葉は全縁のものと細かい鋸歯があるものがあるとの事ですが、この個体は全縁でした(右下四角内)


ツボスミレもありましたが、省略します。

湿原にて
 オオバタチツボスミレ  
分布:北海道、本州の中部地方以北。日当たりの良い湿原や湿り気のある草地、林下に成育

葉は大きい円心形、縁は鋸歯 先は尖る



花は大きくて2~3cm、紫紅色で状線が目立つ 側弁は毛を密生

距は太短い

名前は、大葉タチツボスミレとなっていますが、タチツボスミレの仲間ではないとの事です。

雨竜沼湿原では、この他ミツバオウレン、ツマトリソウ、マルバコンロンソウ、ヒメシャクナゲ、ホウチャクソウ、チングルマ、マイズルソウ、ゴゼンタチバナ、エゾレイジンソウ、エゾノヨツバムグラ、シャクにも会いましたが、既出や地元でも普通なために省略します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可