FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  大沼公園にて:コウホネ、ウメガサソウ、ヒロハクサフジ等

大沼公園にて:コウホネ、ウメガサソウ、ヒロハクサフジ等

 6月28日~7月5日北海道旅行(道南道央方面)の続きです。
7月2日大沼公園で見た植物からです。大沼公園は、とてもすばらしいところでほんと良かったです。池の中に小島が沢山浮かんでいて、その小島が、色々な個性有るで結ばれていて、散策できるようになっていました。中でもコウホネの群生は見事でした。丁度花の時期だったので感動しました。


 コウホネ(スイレン科の多年草)  

 全部コウホネです

コウホネの葉は楕円形です


長い花茎の先端に1つだけ黄色い花を咲かせる

5枚の花びらのように見えるものは萼で、 萼はやがて緑色になる。
萼の内側にある爪のようなものが花びらで多数。
その内側にたくさんの雄しべがあり、真ん中に雌しべの柱頭が1つある


スイレンもあってコウホネとスイレンは住み分けている感じでした。

これ全部スイレンです
コオホネの葉は楕円形ですがスイレンの葉はほぼ円形です。


また地面にはウメガサソウ(ツツジ科の常緑小低木)が一杯咲いていた。

葉は下のほうに2~3枚輪生し、長楕円形~狭卵形で先は尖り縁には鋸歯
花茎をのばして、花茎には1-3個の卵状楕円形の苞がる。

花茎の頂きに普通一個の花をうつむきつけ
 

がくは5~6裂 花弁は5枚 雄しべ10本

また他に同じイチヤクソウ属イチヤクソウジンヨウイチヤクソウと思われるものも結構見つかって、生育に適したところなのかなと感心しました。
 イチヤクソウ? まだ花が咲いていなかった



 ジンヨウイチヤクソウ? もう花が終わっていた



公園の帰り道で
 ヒロハクサフジ(マメ科のツル性多年草)  

小葉の数が10~16枚とやや少なく小葉が楕円形で幅がある。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可