FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  裏磐梯にて:オオウバユリ、イケマ、ドクゼリ等

裏磐梯にて:オオウバユリ、イケマ、ドクゼリ等

 7月29日~8月4日まで、新潟、福島の裏磐梯、山形西吾妻山、最後は乗鞍高原に寄って帰ってきました。しばらくはこの時に見た色々な物をご報告します。
 7月30、31日裏磐梯の宿に泊まりました。五色沼等散策。その周辺で見た植物からです。
木の花はノリウツギとリョウブの花が丁度見ごろでした。
 ノリウツギ(アジサイ科の落葉木)  

葉は対生 柄があり楕円形~卵形 先は尖り縁には鋸歯
右後ろはリョウブです
枝先に円錐花序をだして、
周辺には装飾花中央には両性花
アジサイなどと違って花序が円錐形になる。


 リョウブ(リュウブ科の落葉木)  

リョウブはマイフィールドでも見られます
葉は互生、長楕円形で枝先に集まる
枝先に長い総状花序を出して、白い花を多数つける。
花弁5枚、雄しべ10本

 オオウバユリ(ユリ科の多年草)  本州中部以北から北海道に分布

ウバユリより花の数が多い(10~20個)

この株は7個でした。


 ヤブカンゾウ(ススキノキ科の多年草)  

マイフィールドでも見られます
有史以前に中国より帰化したといわれてる。
雄しべと雌しべが花弁化して八重咲きとなリるので種はできないで、地下茎で増えます。

 イケマ(キョウチクトウ科のツル性多年草)  

葉は対生 広卵形で先は尖り基部は心形 縁は全縁
つるは、Z巻き 葉腋に球状の散形花序をつける。

花冠は黄緑色で、深く5裂して裂片はそり返る
花冠の内側にある副花冠は白い

 ドクゼリ(セリ科の多年草)  日本三大有毒植物の一つ

葉は互生で2~3回羽状複葉、小葉は長楕円形~狭卵形で先は尖る
縁には鋸歯があります。

複散形花序に白い花を多数咲かせているの様子は、打ち上げ花火が開いた様
総苞片はなく小総苞片があります。


続く・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可