FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  畳平にて:ミヤマゼンコ、シナノヒメクワガタ、ヨツバシオガマ、ウサギギク、ミヤマコウゾリナ

畳平にて:ミヤマゼンコ、シナノヒメクワガタ、ヨツバシオガマ、ウサギギク、ミヤマコウゾリナ

 8月4日は、もういよいよ大阪に向けて帰る前に乗鞍に寄って、肩の小屋まで往復し、畳平のお花畑を散策してきました。もう花の時期としては遅くクロユリやコバイケイソウ等は完全に終わっていました。がそれなりに楽しむ事ができました。畳平~肩の小屋までで見られた花その1です。
 ハクサンイチゲミヤマキンポウゲ の群生

黄色い花はミヤマキンポウゲ 白くて大きめの花がハクサンイチゲ
左手前はオンタデ、他にセリ科の花とモミジカラマツが写ってます

 モミジカラマツ(キンポウゲ科の多年草) の群生



 ミヤマゼンコ(セリ科の多年草)  

葉は互生、2回羽状複葉で、小葉もさらに羽状にやや切れ込み
縁には鋸歯があります。表面は艶があります。

小総苞片が有り、総苞片は無い。


 シナノヒメクワガタ(オオバコ科の多年草)  

ヒメクワガタの変種 葉は対生で低い鋸歯がある。葉には毛を散生
花冠は4裂し、雄しべ2、雄しべや雌しべは花冠より突き出さない
花に状線がない

 ヨツバシオガマ(ハマウツボ科の多年草)  

葉は羽状に切れ込み、4枚輪生するのが特徴ですね。
花葉茎の頂きに段々に輪生に咲いて、螺旋にねじれていないです。


 ウサギギク(キク科の多年草)  

茎葉が、2枚対生するのが特徴。この2枚の葉を兎に耳に例えて兎菊
可愛いい花ですね。ヨツバシオガマとコラボです

 ミヤマコウゾリナ(キク科の多年草)  

葉は根生葉や茎の下部だけにあり、大きく、全縁、白毛と腺毛がある。
花はコウゾリナに似て総苞は黒っぽく剛毛がある
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可