FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  畳平にて:ミヤマミミナグサ、イワツメクサ、タケネニガナ等

畳平にて:ミヤマミミナグサ、イワツメクサ、タケネニガナ等

 8月4日は、もういよいよ大阪に向けて帰る前に乗鞍に寄って、肩の小屋まで往復し、畳平のお花畑を散策してきました。肩の小屋~畳平のお花畑で見た花その3です。
畳平付近では良く似たナデシコ科の花を数種類見ることができます。今回も3種類見る事ができました。

 ミヤマミミナグサ(ナデシコ科の多年草)  初見初撮り

花の直径2cm程 花弁は5枚ですが、一枚が2つに切れ込みさらに各裂片が細かくさけています
草丈5~20cm程 葉は対生で広線形~線状披針形


 イワツメクサ(ナデシコ科の多年草)  

草丈5~20cm程 葉は対生、線形で先は尖ります。

花の直径は1cm程、花弁は5枚で2深裂するので10枚あるように見える。

 タカネミミナグサ?(ナデシコ科の多年草)  

花の直径1.5cm程 花弁は5枚ですが、それそれ2中裂します。
タカネミミナグサが葉の縁や茎に毛があること、クモマミミナグサが葉の縁が色付き、茎が褐色を帯びるとの事ですが、はてさて本当は、これはどっちなのかあまり自信がないです。


 シナノオトギリ(オトギリソウ科の多年草)  

草丈10~30cm程 集まって咲いています。葉は対生で、葉は卵状長楕円形で先は丸く、まばらに不明瞭な黒点と明点があり縁には黒点がある。

 イワアカバナ(アカバナ科の多年草)  

柱頭が団子状に丸いのが特徴という事でイワアカバナとしました。


 ミヤマアキノキリンソウ(キク科の多年草)  

高山といえは最も良く見られますね。今回もどこでも咲いていました。

 タカネニガナ(キク科の多年草)  

草丈10~20cm程 葉は互生でへら型 基部は茎を抱かない
頭花の舌状花は8~10個


これも見事に集まって咲いていました
この他、ミヤマダイコンソウ、ミヤマハタザオ
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可