FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  尾瀬 >  ヒメシャクナゲ、ホロムイソウ等

ヒメシャクナゲ、ホロムイソウ等

 9月7日、尾瀬ヶ原でみた植物の花と実その3です。
 ヒメシャクナゲの実(ツツジ科ヒメシャクナゲ属の常緑小低木) 
北海道、本州中部以北高山の湿地に生育

地沼に実をつけていました。 
 
 ホロムイソウの実(ホロムイソウかホロムイソウ属の多年草) 
北海道、本州の湿地に生育
名の由来は北海等幌向(ホロムイ)で発見された事から。

花はこちら→以前行った時は花を見ましたが、今回は見面白い形の実です
 

 ホタルイ ?(カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草) 

茎は丸いが稜たっているので多角形。先端に2~3個の小穂を付ける。小穂の下から苞が1つ伸びる。
 
 
 ヤチヤナギの葉(ヤマモモ科ヤマモモ属の落葉小低木) 雌雄異株 
北海道本州(三重県以北)の湿地に生育、高さは50cm程

ヤナギと言うながついてますが、ヤマモモの仲間だそうです
葉をもむと特有の香りがあります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可