FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  キツネノマゴ、メハジキ、タラノキ

キツネノマゴ、メハジキ、タラノキ

 9月9日、池田自然観察会下見にて咲いていたです。
 キツネノマゴ(キツネノマゴ科の1年草)  


草丈20cm程 葉は対生で卵形 茎はやや四角く伏し毛が生える。
茎の頂きに穂状に花をつけるけれど一度に咲く花の数はせいぜい1~2個です。この株も全て一個しか花が咲いていなかったです。

花は、上下二唇に別れ、上唇は2裂下唇は浅く3裂 下唇には葉脈状の白い模様がある。雄しべ2本

 メハジキ(シソ科の多年草)  

草丈50から150cmほど 葉は対生 茎葉は深く3裂し裂片はさらに細長く切れ込む。茎は四角い。もっと全体写したものもあったのですがピンボケでした。
茎の上部の葉腋に花を数個つける。


花は上下二唇にわかれ、下唇は3裂 雄しべ4本

 タラノキ(ウコギ科の落葉木)  

山菜で有名なタラノメを採る木ですね。
枝には凄い棘がありますが、若芽の時は棘は気になりません。
葉は互生で、巨大な2回羽状複葉です。

枝先にこれまた巨大な花序をつけます。
散形花序を円錐状に多数つけます。

花は花弁5枚、雄しべ5本ですが、花弁も雄しべも速く落ちる
後に、雌しべが成熟する雄性先熟です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可