FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  ヒヨドリバナ、クサネム、ヤブガラシの実等

ヒヨドリバナ、クサネム、ヤブガラシの実等

 9月15日池田市東山にて見た植物その2です。
 ヒヨドリバナ(キク科の多年草) が咲き始めでした。

葉は対生、被針形、縁には鋸歯 

 クサネム(マメ科の1年草)  

葉は互生 羽状複葉 もう果実が沢山できていました。

花を探してやっと見つけたけれど、横向きで良く分かりません。
いわゆるマメ科らしい蝶型花です。
良く似たカワラケツメイは、減少していてまだ出合ったことがないので比較できません。

 オトコエシ(オミナエシ科の多年草)  

葉は対生、羽状に切れ込みますが、この個体は上部の葉は切れ込んでないみたいです。

 センニンソウ(キンポウゲ科の落葉ツル性木)  

葉は対生、奇数羽状複葉で小葉は卵形で、3~7枚、小葉は切れ込まず、先は鈍頭です。葉柄で巻きつく
葉腋から円錐花序をだし、白い花を多数つける。
花弁状のがく片4枚、雄しべ多数、雌しべも数個あります。

 ヤブガラシ(ブドウ科のつる植物)の実  

葉は互生、鳥足状複葉で小葉は楕円形、縁には鋸歯あり、巻きひげで絡みつく。
普通は、3倍体で、実はできないのですが、ここでは実ができていました。西日本を中心に分布する二倍体では実が出来ます。実は黒く熟します。

 キツネノマゴ(キツネノマゴ科の1年草)  

先日撮ったものは花が1個しか咲いていなかったので、今回3個咲いているものと2個咲いているものを見つけたので撮ってみました。

最高3個まで同時に咲いている事があるようですが、4個以上は見た事ないです。

 ヒメクロホウジャク(ホウジャク亜科)  

アベリアに来ていたところを見つけたので、撮ってみましたが、うまく撮れなかった。残念
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可