FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  自然観察会 >  池田自然観察会にてマダラマルハヒロズコガ幼虫、キシタバ

池田自然観察会にてマダラマルハヒロズコガ幼虫、キシタバ

 9月16日は、池田自然観察会本番でした。何時も使っている場所が、台風21号の倒木で立ち入り禁止となり、仕方なく芝生を張った花壇のある広場で行なうことになり、いさささか心配でしたが、小さい子供ずれの親子が沢山参加してくださり、また芝地とあって子供達も気持ちよさそうに虫取りしていたので、結構これも良かったのかなと思いました。

始めにクイズ和んで頂き、双眼実態顕微鏡を使って蝶の鱗粉を見てもらってから、いよいよ虫取りです。



オンブバッタが一杯で

小さい子も特製網を使って結構捕まえていました!

虫取りの楽しさが味わえただけでも良かったのかななんて思いました。

最後に捕まえた虫はチャック付くポリ袋に入れて皆さんに紹介します。


その中でちょっと面白い虫が見つかりました。
 マダラマルハヒロズコガの幼虫 です。
蛾自体は何の変哲もない地味な蛾なんですがその幼虫はちょっと不思議な姿をしていて、とても生き物とは思えない感じです。決して珍しいものではないそうなんですが、見つけにくいという事で珍しいびっくりな生き物でした。

円盤を2個くっつけたような不思議な鞘の中に芋虫が入っています。
大きさは一つの丸が直径5mmほどです。
木の幹の割れ目のようなところを、これが動いているのを見つけられたとの事です。

下見の時の撮った キシタバ が見つかってつかまって(遺体です)裏側と後ろ翅を撮りました。      ↓下見の時の撮影


生きた昆虫をそのまま普段は撮影しているのでこういうのはなかなか見る事できないので良い機会でした。

普段は見えない後ろ羽には鮮やかなオレンジ色の模様があり敵(鳥)に襲われそうになった時にバッと後翅を見せて一瞬ひるんだ隙に逃げるのです。

裏 裏は結構綺麗ですね

 アオドウガネ  これは観察会前にとったものです

観察会前にテーブルの上に飛んできたアオドウガネが排泄物を出したので撮ってみました。赤茶色です。食べたものの色が反映されているのかな?

この日見つかった昆虫
蝶蛾の仲間:クロアゲハ、オナガアゲハ、ヤマトシジミ、キタキチョウ、モンシロチョウ、キシタバ、ホウジャクの仲間、マダラマルハヒロズコガ幼虫、アゲハチョウの仲間の幼虫
ハチアリハエの仲間:クロヤマアリ、イエバエ
甲虫の仲間:ハンミョウ
セミ、カメムシの仲間:ツクツクボウシ、ツマグロオオヨコバイ、マルカメムシ、ヒメアメンボ、カメムシの幼虫
トンボの仲間:ウスバキトンボ、マユタテアカネ
バッタ、キリギリス、カマキリの仲間:オンブバッタ、ショウリョウバッタ、クビキリギス、ハラビロカマキリ
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可