FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  TOP >  ヤブラン、ミズヒキ、アキノタムラソウ、ヌスギトハギ、ヤブマメ、タンキリマメ

ヤブラン、ミズヒキ、アキノタムラソウ、ヌスギトハギ、ヤブマメ、タンキリマメ

 9月24日五月山で見た植物その1です。

 ヤブラン(キジカクシ科の多年草)  


+クリック↑で大きく成ります
ちょっと花の時期終わりかけてたかな


 ミズヒキ(タデ科の多年草)  

ミズヒキって全体撮るのは難しいですね。
葉の暗班がこの個体はなかった。葉は楕円形、縁には細かい鋸歯あり

托葉鞘は縁に毛、茎にも伏し毛がある様ですね!

細い穂状花序にまばらに紅白の花をつける様子を水引にたとえて「ミズヒキ」

花弁はなく、がく4は上側が赤く下側が白い
花後はがくが残り果実を包む。雌しべの先が2裂して付きでています


 アキノタムラソウ(シソ科の多年草)  

葉は羽状複葉仏には鋸歯


茎に開出毛、がくに腺毛あり、花は段々に付き方側を向く
雄性先熟のようですね

 ヤブマメ(マメ科の1年草)  

つるはZ巻き 茎には毛が多い 葉は互生、3出複葉 小葉は広卵形
葉腋から短い総状花序を出して淡紫色の花を数個つける。
がくは緑白色がくにも毛が多いですね!

 ヌスギトハギ(マメ科の多年草)  



葉は互生3出複葉 小葉は卵形 先は細く尖る


果実は2節先は鉤状に曲がる
果実の形が盗人の忍び足の足跡に似ることから「盗人萩」
果実はそれほどくっつかないです。

 タンキリマメ(マメ科の多年草)  

つるはZ巻き 茎葉に毛が多い
葉は互生3出複葉 小葉は広倒卵形 先は鈍頭
葉腋に総状花序を出して黄色い花を多数つける

もう鞘が赤くなっていました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可