FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  きのこ >  オケラ、キクバナイグチ、シロオニタケ

オケラ、キクバナイグチ、シロオニタケ

 9月28日は、マイフィールドのオケラを見に行きました。もうアップされている方がいたので、咲いているか見に行ったのです。台風21号の枝や落ち葉や倒木で現地まで行くだけで大変で枝を切りながら進みます。またこの時期マイフィールドは薮蚊がすごく、蚊よけネットが欠かせないような状態で正直あまり入りたくないです。
 オケラ(キク科の多年草) 雌雄異株 はまだ咲いてませんでした

雌花と両性花がある。このオケラは雌株で雌花しか咲かないのでちゃと種ができたことがなく、この先心配です。

オケラ見に行く途中で見たキノコ

 キクバナグチ(オニイグチ科)  

傘の直径5-10cm、臙脂色 上面は乾いた鱗片に覆われ、傘の縁には皮膜の名残が付着する
イグチですから、ひだではなく管孔です。管孔は黄色。傷つくと青色に変わるとの事。
林地の樹下に発生

 シロオニタケ(テングタケ科)  

傘の直径9-20cm 表面は微粉に被われて、錐状の落ちやすいいぼが多数付着する。ツバ、ツボともに有り、ツバはもろくて落ちやすい。
柄は長さ12-22cm、下部は膨らむ
クヌギコナラ林の地上に発生
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可