FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  昆虫 >  クロハナムグリ、ハンミョウ、ヒメカマキリ、ヤマトシリアゲ、ソウシチョウ等

クロハナムグリ、ハンミョウ、ヒメカマキリ、ヤマトシリアゲ、ソウシチョウ等

 10月1日五月山で見た昆虫その3です。
 クロハナムグリ(コガネムシ科ハナムグリ亜科)  大きさ11-14mm


成虫は花に集まって花粉を食べる。幼虫は朽ち木を食べて育つ。

黒い体にクリーム色の紋がなかなかおしゃれですね

 オオスズメバチ(スズメバチ科)  働きバチの大きさ:27-40mm

スズメバチが数匹、木の株元から出入りしているのが見えました!
大きさ的にはそう大きくないと思ったのですが、巣があって入り口から出入りしているようです。
土中に巣を作るスズメバチはオオスズメバチです。

 ハンミョウ(オサムシ科ハンミョウ亜科)  大きさ18-20mm

ハンミョウポイントにはハンミョウが結構出ていました。

成虫幼虫とも生きた昆虫を捕まえて食べます
凄い顎でしょう!

 ヒメカマキリ(ハナカマキリ科)  大きさ:25-35mm

小さいカマキリです。日本にいるハナカマキリ科はこのヒメカマキリだけとか。私がカメラを向けていると、車の持ち主が「何を撮っているの?」と聞かれ、手に乗せて撮らせてくださいました。

生きた昆虫を捕まえて食べる 緑型と褐色型がある

正面からみると目に線状のような模様が見える。

 ヤマトシリアゲ♀(シリアゲムシ科)  大きさ2cm程

晩夏に現れるものは黄色っぽく小さい
昔は別種と考えられていた。(ベコウシリアゲ)
♂の腹端はサソリの尾の様に上に曲がるがこれはです。
小動物や昆虫の死骸を食べる

 ソウシチョウ(チメドリ科)  中国南部ベトナムミャンマー等で自生 篭脱け鳥 特定外来生物に指定されている

ゲッゲッと地鳴きが聞こえた。

至近距離である 全く人を警戒するそぶりもない
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可