FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  植物花など >  ツチイナゴ、ミヤマガマズミ、ヨシノアザミ、コメナモミ、コウヤボウキ

ツチイナゴ、ミヤマガマズミ、ヨシノアザミ、コメナモミ、コウヤボウキ

 10月8日五月山で見た、昆虫その2と植物です。
アサギマダラがメインなので、その他の昆虫はそれほど見なかったのですが、ツチイナゴの幼虫と成虫が見られました。
 ツチイナゴ(バッタ科) ツチイナゴは成虫越冬です。
幼虫

翅が短くて緑色

成虫

これちょっと普通のと違う印象なんですが。どうも後ろ翅を開いて綺麗に畳まれていないです。涙目が特徴、褐色です。

この他ハンミョウやオオハナアブも見ましたが、前回10月1日も出ましたので省略します。

植物
 ミヤマガマズミ(レンプクソウ科の落葉木) の実

実が重くて下がってしまうくらいです。



 ヨシノアザミ(キク科の多年草) が咲き始め

アザミは難しくて、地元で秋に咲くアザミはヨシノアザミということにしておきます。ナンブアザミの変種

 コメナモミ(キク科の1年草)  

葉は対生、葉柄は葉身から続く翼状になります。縁には鋸歯

茎の頂きの頭花を散房状につけます。茎や葉には短い伏し毛があり、
花柄には腺毛はありません⇔メナモミでは花柄にも腺毛がある

総苞片には腺毛がびっしり生えています。
外側の腺毛の目立つ総苞片は5枚
頭花は、周辺部に先が3裂した舌状花が一列、中央部に筒状花


 コウヤボウキ(キク科の落葉木) が咲いていました。今季初です。

花は1年枝に付き、花が咲いている枝の葉は互生です。

アリが一杯でびっくりしました。蜜が出てるんですね!
小花は全て筒状花で5裂

この他ミズヒキ、アキノタムラソウ、ヌスビトハギ等咲いていましたが既出なので省略します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可