FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP >  昆虫 >  アゲハチョウ、ハグロトンボ、キイロスズメバチ、キゴシハナアブ、アレチウリの雄花雌花

アゲハチョウ、ハグロトンボ、キイロスズメバチ、キゴシハナアブ、アレチウリの雄花雌花

 11月1日は、緑道からS川沿いを散歩しました。この時に見た昆虫からです。
 アゲハチョウ(アゲハチョウ科)  

もうそろそろ見納めか。かなりきれいな個体で、大きさはかなり小さかった(春型サイズ)



 ツマグロヒョウモン♂(タテハチョウ科)  



 ヤマトシジミ(シジミチョウ科)  



 キタキチョウ(シロチョウ科)  



 テングチョウ(テングチョウ亜科)  

日光浴

 ハグロトンボ(カワトンボ科)  

もう11月ですがまだ居ました!

 キイロスズメバチ(スズメバチ科)  

随分黄色いな!キイロスズメバチだ。
大きさは小さいけれど性格は凶暴、気をつけたいスズメバチです。



 キゴシハナアブ(ハナアブ科)  

目が金色の粉を散らした様で印象的


 セイヨウミツバチ?(ミツバチ科)  



特定外来生物のアレチウリ(ウリ科の1年草 北アメリカ原産帰化植物)の花ですが、結構いろんな昆虫がが見られました。
今回、雄花序雌花序が写っていました。



雄花序           雌花序
総状花序で花の直径は1cm程  散形状集まって花は直径4mm程
雄しべは花糸も葯も合着している  花柱は3本  金平糖のよう

コメント欄はありません
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可