FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP > 2021年03月

身近な野草から:スズメノヤリ、ノエンドウ3種比較

身近な野草から:スズメノヤリ、ノエンドウ3種比較

 3月18日、 スズメノヤリ(イグサ科の多年草) が咲いていたスズメノヤリは雌性先熟です。この時はまだ雌性期の花ばかりつけていました。葉は線形で、質薄く幅5mm程、縁には、くも毛がいっぱいあるのが特徴ですよ(四角内)花の先端に、毛槍の様な花序をつけます(名の由来)。花序の下には苞があります。始め(3/18)は皆、雌性期で雌しべが見えてます。雌しべの先は3裂花被片は、6個あり、雄性期になると花被片が開き、雄しべ6本(...

... 続きを読む

Re: No Subject * by yasuko
kenskzさんありがとうございます。いかに写真で特徴が分かるように撮るかが難しいです。

No Subject * by kenskz
解説がうまいですね。いつものことながら感心しています。

Re: No Subject * by yasuko
トミさんこれは一つの花を見たわけではないです。なので実際の日数はどうかな?でも雌性期から花序全体がが雄性期になるまでは1種間程度かかるみたいですね。

Re: No Subject * by yasuko
monnamiさん雌性先熟、他にもありますよ。たとい場身近なところではヘラオオバコがすごく観察しやすいです。

No Subject * by トミさん
スズメノヤリはその気になって探すと今沢山咲いていますね。
雌性期の花からオシベが出てきて花粉が出てくるまでは8日以上かかるのですね。ここまでは調べていませんでした。

No Subject * by monnami
素晴らしい観察力に脱帽です。
雌性先熟というのはあまり聞いたことないような気がしますが
そうでもないのでしょうか?
勉強不足ですが。。

Re: No Subject * by yasuko
しろうさんありがとうございます。

No Subject * by しろう
すばらしい観察力に、拍手!

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: こんばんは * by yasuko
Rockyさんこういう駄洒落みたいな名は他にもあるんですよ。有名なのは「へちま」です。ヘチマの別名は「ト瓜」でイロハニホヘトチリヌルオワカのヘとチの間で「ヘチ間」いう名をいただいています。