FC2ブログ

自然観察日記

野草や樹木昆虫野鳥動物など自然の色々なことを観察解説する日記

TOP > 尾瀬

湿原の花 2 トキソウ、キンコウカ、ネバリノギラン、ツルコケモモ、ウキヤガラ

湿原の花 2 トキソウ、キンコウカ、ネバリノギラン、ツルコケモモ、ウキヤガラ

 湿原の花その2です。今回の旅行で、6月26日 青森県八甲田田代平湿原(標高570mほど)で見た植物です。大場谷地湿原のあとこちらにまわり、雨は少し小止みになりましたが、合羽を着ての観察でした。写真は夫です。 トキソウ(ラン科の多年草)  北海道本州の湿地に成育。高さ10~30cm程、葉の形は披針形または線状長楕円形で長さ4-10 cm、幅7-12 mmになり、普通1茎に1枚のみつけるとネットには書いてありましたがそういう風には...

... 続きを読む

シロヨメナとゴマナ オオハンゴンソウとハンゴウンソウ ダイモンジソウ

シロヨメナとゴマナ オオハンゴンソウとハンゴウンソウ ダイモンジソウ

 9月5日~8日、日光尾瀬の旅で観察したその他の植物です。 日光と尾瀬で、ガイドさんお話で興味深かった話があります。 日光で白い花がたくさん群れ咲いていたのですが、これはシロヨメナとの事。シロヨメナは鹿が食べないのではびこっているそうです。一面のシロヨメナの群生は壮観でした。 一方、尾瀬にはゴマナが咲いていると言うお話でした。尾瀬に向かう道路の脇には、草丈が1mほどにもなるゴマナが並んでいました。 シ...

... 続きを読む

ルリボシヤンマ、アオイトトンボ、ヒメシジミ等

ルリボシヤンマ、アオイトトンボ、ヒメシジミ等

 9月6日7日、戦場ヶ原と尾瀬ヶ原にて観察した昆虫です。 尾瀬ヶ原では2時間くらいしかいなかったのですが、池沼でルリボシヤンマや、イトトンボを見ました。 ルリボシヤンマ(ヤンマ科) 体長:75-85mm 北海道、本州、四国 寒冷な気候を好み高地の湿地などの多く生息♂は見守り 雌は植物などにつかまって水中に産卵していました。   アオイトトンボ?(アオイトトンボ科) 体長:38-45mm 連結して植物の組織内に産卵...

... 続きを読む

ヒメシャクナゲ、ホロムイソウ等

ヒメシャクナゲ、ホロムイソウ等

 9月7日、尾瀬ヶ原でみた植物の花と実その3です。 ヒメシャクナゲの実(ツツジ科ヒメシャクナゲ属の常緑小低木) 北海道、本州中部以北高山の湿地に生育地沼に実をつけていました。 花はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/tsuchia_y/62979293.html  ホロムイソウの実(ホロムイソウかホロムイソウ属の多年草) 北海道、本州の湿地に生育名の由来は北海等幌向(ホロムイ)で発見された事から。花はこちら→以前行った時は花を見...

... 続きを読む

ヒツジグサ、イワショウブ等

ヒツジグサ、イワショウブ等

 9月7日、尾瀬ヶ原で咲いていた花と実です。 ヒツジグサ(スイレン科スイレン属の多年草)日本全国の池や沼に広く分布している。寒さに強く、山地の沼や亜高山帯の高層湿原にも生えている。名の由来:羊の刻(午後2時ごろ)咲くことから この時の自国はお昼前でしたが咲いていました。 花の直径は3~4cmくらい。 イワショウブ(ユリ科チャボゼキショウ属の多年草) 本州の日本海側 名の由来:細い葉がショウブに似ていることから...

... 続きを読む